パンフレット印刷を上手く行なう方法を知る~ビシビシ活用方法~

アイキャッチシールでPR

印刷機

多様なシール素材

近年の技術の向上によって、シール印刷をPRに利用する動きが高まっています。その代表ともいえるのが「アイキャッチシール」です。シャンプーや化粧品などを店舗で販売するとき、キャッチフレーズなどがデザインされたPR用のシールを、陳列してある商品に貼る事で目立たせるというものです。シール印刷といえば、オリジナルのステッカーやキャラクターのおまけシールのような、白く縁取られた紙製を思い浮かべると思いますが、現在は金属素材やテトロンフィルムなどにもシール印刷を施すことが出来るようになり、耐久性や防水性の高いシールを作成することができます。また、様々なラミネート加工のオプションをつけることで、イメージに合う光沢感や耐水性にも対応できます。

大量発注で経費削減

シール印刷は、個人向けに少量発注を受付している業者が多いですが、大量に使用する場合には、一度にまとめて大量発注をすることで経費を抑えることができます。シール印刷の初期費用で、最も費用が掛かるのがデザイン料です。完全原稿を準備したからといって、そのデータをそのまま印刷に回せる訳ではなく、事前にチェックを行って、試し刷りを経てから実際の印刷作業にとりかかります。つまり最初の1枚さえうまく印刷できれば、残りの枚数は同じものを印刷するため、あとは材料費だけで済むのです。特にシール印刷の場合は型抜き作業もあるので、100枚作る場合の費用と、200枚作る場合の費用にほとんど差が無いのはそのためです。大量発注には、1枚あたりの単価を抑える大きなメリットがあるのです。

Copyright© 2016 パンフレット印刷を上手く行なう方法を知る~ビシビシ活用方法~ All Rights Reserved.